FlyData用のRedshiftユーザを作成する手順を教えてください

FlyData用にRedshiftユーザ、ユーザグループを作成することで、キューの同時実行数などを指定することができ、パフォーマンスチューニングなど実施することができるようになります。

ユーザとユーザグループ

FlyDataに割り当てるユーザは通常のユーザで問題ありません。

create user flydata password '[パスワード]';
create group flydata_group with user flydata;

スキーマを利用いただいている場合

スキーマには、CREATE(テーブル作成)権限と、USAGE(参照)権限があり 自動テーブル(カラム)追加等のFlyDataのオプションを利用する場合には、その両方を設定する必要があります。(allとすることでその両方を付与します)

grant all on schema [スキーマ名] to group flydata_group;

デフォルトのスキーマ(初期設定であるpublic)を利用する場合には、この作業は必要ありません。

テーブルへの権限

テーブルに対しては、全て(SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE)の権限が必要です。

テーブルごとに権限を変更したい場合は、FlyDataが参照するテーブルに対してのみ all の権限を与えてください。

grant all on table [テーブル名] to group flydata_group;

全てのテーブルに権限を付与する場合は下記の通りです。

grant all on all tables to group flydata_group;

テーブルの所有者に関する注意点(自動カラム追加機能オンの場合)

テーブルを作成したユーザのみがテーブルを変更(カラム追加)できるようになっているため、 事前にテーブルを作成される際には、FlyData用のユーザアカウントでテーブル作成を行うようお願いします。

FlyData設定へのユーザの反映

FlyDataコンソールへログインいただき、 新たに作成したRedhisftアカウントを設定ページにて入力してください。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk