Redshiftのテーブル定義を変更する際の注意点

Redshiftは、仕様としてカラムの追加と削除できますが、カラムの変更はできません。カラムのデータ型変更、カラム名変更などは下記の手順に沿って変更してください。

Redshiftのカラム変更(カラム名、データ型など)はどのような手順になりますか?

FlyData AutoloadにてJSONフォーマットのデータを転送している場合、FlyData Consoleにて「自動カラム追加」をOnにすると、転送するデータのカラムが追加された場合、自動でRedshift側のテーブルにカラムを追加します。

なお、Redshiftのテーブルカラムを削除する場合にはデータがスタックしてしまう恐れがあるため、FlyData Agentを停止してからカラム削除を実施してください。

Redshiftのテーブルからカラムを削除する場合、FlyData Agentを停止してください

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk