Redshiftのパフォーマンスが低下してきた場合の対処方法はありますか?

データ量が増えることによるパフォーマンス低下が疑われる場合、VACUUMコマンドとANALYZEコマンドの実行により、クエリパフォーマンスの向上が期待できます。

すべてのテーブルを対象に実施する場合、引数は必要ありませんが、テーブル名を指定してコマンド実行することもできます。


-- 全テーブルを対象に実行
VACUUM;
ANALYZE;

-- テーブルを指定して実行
VACUUM <テーブル名>;
ANALYZE <テーブル名>;

VACUUMとANALYZIEは、Amazon Redshiftにおいても定期実行が推奨されているため対応を検討ください。

VACUUMとANALYZEコマンドに関する詳細な内容は以下を参照してください。

データベースのバキューム処理 | Amazon Redshift データベース開発者ガイド

ステップ 6: データベースにバキューム操作を実行し、分析する | Amazon Redshift データベース開発者ガイド

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk