FlyDataのインストール先は変更できますか?

FlyDataの設定ファイル等は、デフォルトでは $HOME/.flydata/配下に配置されます。
インストールパスを変更する場合は、FLYDATA_HOMEを変更してください。

新規インストールの場合

  1. .bashrc(利用しているシェルに依存)に、FLYDATA_HOMEの設定を追記する。
    次の例では、/mnt/flydata/flydata_home以下にファイルが配置されます。

    $ vi ~/.bashrc
    export FLYDATA_HOME="flydataのホームディレクトリパス"
    ex) export FLYDATA_HOME="/mnt/flydata/flydata_home"

  2. 環境変数を反映する。

    $ source ~/.bashrc

  3. 通常通りインストールを実行

既にFlyDataをインストール済の場合

  1. FlyDataプロセスを停止する。

    flydata stop

  2. 新規インストールの1, 2のステップを行う。

  3. mvコマンドで、~/.flydataのディレクトリを新しいディレクトリへ移動

    ex) mv ~/.flydata /mnt/flydata/flydata_home

  4. Flydataのインストールコマンドを再実行する。
    (自動でflydataのバージョンアップと、flydataの起動が行われます)

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk